平らかなる闘病記⇒共病記

胸腺がんと向き合う30代の日々…※石もあるよ

名付けを思う

昨日の夜から下腹部が痛くて我慢できなかったのでロキソニンを飲み痛みはましになりました。この感じは小さな結石が落ちてきているのか?レンビマの副作用なのか?変な症状でなかったらよいのですが『原因がわからない』という状態が一番不安になります。

痛みが続いているときに血圧を測ると「上148下88」ドキッとしましたが、ロキソニンを飲んで夜に測ると「上118下88」で下がっていたので少し安心です。

そんな体調の変化に一喜一憂しながら1日を過ごした12月1日。そんな今日は敬宮愛子さまのお誕生日で二十歳を迎えられたということ。おめでとうございます。幼いころの映像を見ると大きくなられたな~という思いや、当時、自分たちはどうだったかみたいなことを考えます。

そんなことを思いつつ、ニュースを見ていると頭に残ったのが、愛子さまへの名づけの思いについて語られた天皇陛下の言葉でした。

孟子の言葉を参考にした「敬宮(としのみや)愛子」という名前には人を敬い、人を愛してほしいという私たちの願いが込められています。それは20年経つ今でも変わっておりません。今後、成年皇族として公務に当たっていくことになりますが感謝と思いやりの気持ちを持って1つ1つの務めを大切に果たしていってもらいたいと思います。

なるほど…。名前とは自分を表すかけがえのないもの。親の思い、願いを受けて、子供はどう成長し大人になっていくのか…自分自身とどう向き合うのか。どう生きるのか。どんな人生を送るのか。たった一度の人生をどのように彩るのか…

 

「名前」と言えば、2021年に生まれた子供の名前ランキングが発表されています。明治安田生命の「生まれ年別の名前調査」の結果です。f:id:hira441taira:20211201210659j:image

今年生まれた子供たちは、どんな思い・願いで名前を付けられているのでしょうか?そして、大人になったとき、どんな大人になれているでしょうか?

 

今年生まれた子供たちが二十歳になるころ、自分はどーなってるのかな〜。55歳か…元気でいられるように頑張ろう。